2019年11月10日

【子どもの居場所、学習・生活支援のつどい】

愛知県社会福祉協議会主催の研修会が実施されました。学習支援事業に取り組みはじめて4年目、当初の学習支援に生活支援が加わり2年目となりますが、弊団体が取り組む学習・生活支援事業の概要を公に紹介する機会を頂くのは3回目となります。
紹介の場を頂く毎に、我々の理念や事業内容を見直す機会ともなっており、愛知県社会福祉協議会の皆様には心より感謝申し上げます。
基調講演の愛知県立大学の野田博也教授からは、日頃から教育福祉全般でご教示頂いていることに加え、事業の進捗を共有し、現状の課題や展望を話し合う場となり、改めて深く学ばせて頂きました。
各市町村の社会福祉に携わる方、学習支援事業者、子ども食堂関係者、そして行政関係者等、多様な参加者が集い共に考えるこの研修会では、様々な調査から打ち出されたデータから、日本のワーキングプアの状況、そしてその中にいる子どもたちの環境の変化を確認し合いました。
そして、現状の支援で貧困の連鎖を断ち切ることができるのかを共に考える中で、我々が常にテーマとしている「見えないものに寄り添うこと」や「学習支援からうまれる地域のつながりを構築していくこと」は、やはり重要であると確認することができました。
私たちは、直接携わる行政や福祉関係者や事業者だけではなく、地域の中でさらに広げていく工夫を積み重ねたいと考えています。





2019年11月3日

【赤ちゃん親子先生の交流会2019】

小中学校授業支援プログラム
「赤ちゃん親子先生授業」の準備としての交流会に16組の赤ちゃん親子さんが集まりました👶
名古屋市、瀬戸市、長久手市、尾張旭市など尾張地区の様々な町から集まった赤ちゃん親子さんが、先輩ママさんから、授業に参加する心構えを学び、お互いの情報交換をしました。
学校では「命のつながり」を学ぶための授業があり、その中で赤ちゃん親子さんが児童生徒と交流します。
毎回、それぞれの親子さんの体験が語られ、児童生徒はもちろん、その場に立ち会った先生方もスタッフも命との出会いに感動し、温もり溢れる時間となります。




2019年11月2日

【コミュニティ・スクール(学校運営協議会)制度】

コミュニティ・スクール(学校運営協議会)制度の導入は、その意義と必要性をよく理解し、地域と学校が一体となって進めていきたいものです。
そのためには、市民一人一人が学び合い育ち合うことが大切だと考え、私たちは出会いと学びの場を提供し、社会教育全般の柱となるこの仕組み作りの中間支援役として学校関係者をサポートし、コーディネーターとしての専門性を高めていきます。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/10/1422294.htm

学生サポーターの語り合いカフェ・参加者募集

【 見えないものに寄り添うために Part2】
   ~みつけたい その先にあるもの~
   学生サポーターの語り合いカフェ
学生ボランティアサポーターで運営する語り合いです。
学習支援、子ども食堂、子どもの居場所づくりに関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。
11月17日(日) 13:00~ 
尾張旭市中央公民館302会議室
13:00~13:30 受付・会場準備
13:30~15:00 ソーシャルスキルアップ研修
          「リフレーミング」
          「キャリアアンカー」
15:00~16:30 事例検討 
      「紙一重の強みと弱みの見極めサポート対策」
●参加協力費(お茶・お菓子・資料代) 
  学生200円 社会人500円
●事前申込制  定員30名
~参加予定団体~
● アンビシャス・ネットワーク 「テラハ」他
● アスクネット 「ステップ」他
● しみんシップnet  「リンクアップ」他
   ※個人参加・団体参加 歓迎します
申し込みはこちらから
https://ws.formzu.net/fgen/S90050471/
NPO法人しみんシップnet
お問合せは下記まで